よくあるご質問に弁護士が分かりやすくお答えいたします。

kara小出重義法律事務所のブログです。
固いお話から、地元大宮の様子、事務所の情報をお届けいたします。

業務時間
平日 午前9:00~午後6:00
土曜日 午前9:00~午後12:30
(日・祝日、休業)

連絡先
〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町 4-244-2 ブラザービル3階 TEL 048-647-1222
FAX 048-647-4468
・JR大宮駅より徒歩8分。
地図   拡大地図はこちら

業務取り扱い重点地域
さいたま市
(大宮区、浦和区、中央区、 
北区、南区、西区、見沼区 
桜区、緑区 岩槻区)
上尾市 川口市 戸田市 
和光市 朝霞市 新座市 
所沢市 志木市 川越市
桶川市 蓮田市 草加市
越谷市 春日部市 久喜市
鴻巣市 熊谷市
埼玉県全域 東京都内
その他全国対応しております。

home>取扱業務>交通事故

示談交渉 損害賠償 休業損害 慰謝料 後遺障害 逸失利益 過失相殺  
交通事故にあって怪我をしたり、自動車などが壊れた場合、ほとんどの場合、加害者に対して、損害賠償を請求できます。
加害者の保険会社から連絡があり、損害賠償の提案があることもよくありますが、弁護士に依頼して交渉や裁判をした後に支払われる金額よりも少ない金額であることがほとんどです。
また、被害者と加害者の過失の割合についても、専門的な判断が必要になります。


事故が起きてしまった場合、被害者、加害者共に交通事故での賠償金や過失割合などに関して熟知している方はなく、殆どの場合が保険会社の言いなりになりがちです。
交通事故の専門家であり、交渉の技術に長けた保険会社を相手に、被害者が正当な賠償金を得ることは非常に困難です。
不利な示談をする前に、交渉のプロである弁護士にご相談ください。
メリット
■正当な賠償金を獲得することができる 。
■煩わしい手続きや交渉、計算をしなくて済む 。
■交渉のプロと戦う必要が無くなる 。
事故は思いもかけない時に起こります。
どんな人でも、突然起こった大きなトラブルに、平静を失ってしまうでことでしょう。
しかし、きちんとした賠償を受け取るためには、事故直後からポイントを踏まえた適切な対応をすることが大切です。 以下は、交通事故の示談に向けての流れの一例です。
事故にあってしまった方、またそうでない方も、今後のご参考にしてください。

■ 警察に通報
交通事故が起きてしまったら現場ですぐに警察に通報することが大切です。警察に通報することで、交通事故証明書が発行されます。
この書類は事故の発生を証明する際や、保険金を請求する際に必要なものです。
やじるし

■情報の収集
・相手の氏名 ・住所・電話番号 ・勤務先 ・自動車の所有者の氏名 ・加入の保険会社名・契約番号 などを確認しておきます。
目撃者がいる場合にはその人の連絡先を聞き、現場の撮影や記録をしましょう。
やじるし

■病院へ
たいした怪我ではないと思っても、できるだけ救急車に乗って病院に行ってください。事故直後に、まったく症状が出なくても、数時間後や数日以後に痛みが出ることが多いのです。用事や仕事に遅れるからと、決して、その場を立ち去らないでください。何よりも身体が大事です。
やじるし

■警察で調書記録
警察で実況見分調書を作成し双方の供述を記録します。
警察での供述は、事故現場の状況などを判断するうえで、重要な証拠になります。そのため、事故の状況について、きちんと自分の主張を警察官に説明しておくことが大切です。契約している保険会社・保険代理店にも早めに連絡をしましょう。

■治療・症状固定
治療を続けても、症状が改善しないなど,治療効果が感じられなくなってしまうことがあります。
このような状態を「症状固定」といいます。
症状固定と判断されますと治療費が打ち切られます。
多くの場合,保険会社側から症状固定の話がされますが,症状固定については、治療の専門家である医師とよく相談して決めてください。
やじるし

■保険会社との交渉
多くの保険会社は、公平な損害の填補を心がける一方で、賠償額を低く抑えたい意向があるため、適正とはいえない賠償額の提示をしてくることがあります。保険会社から賠償額を提示された場合には、すぐサインをせず、弁護士に相談されることを強くお勧めします。

小出重義法律事務所

HOME
〒330-0854
埼玉県 さいたま市 大宮区桜木町 4-244-2 ブラザービル3階
TEL 048-647-1222 ・FAX 048-647-4468
■業務時間 
平日 午前9:00~午後6:00
土曜日 午前9:00~午後12:30 (日・祝日、休業)